2013年01月01日

第179回 血染的風采

この回はユーチューブでお聴きください。

苏越(1987年)

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

このところ更新のペースがかなり遅くなっていますが、転職して新しい仕事に就き、何かと忙しくて時間がとれなかったからです。この曲も途中で長らく中断していましたが、やっと仕上がりました。

グループサウンズを2〜3曲続けて演るつもりでしたが、いつものように突然気がかわり、シギハラさん、FANさん、サトウ Hさん、がきっとご存じの中国の曲、「血染的風采」を演ってみました。

昔、香港のカラオケバーでなんと、白人女性がこの曲を中国語で歌っているを聴き、すごいな〜と感動しました。白人が中国語で歌うのに、アジア人の Ken-G が中国語が全く分からないなんて、なんか後ろめたいような気がしたものでした。

リベ〜ンジではないですが、たまたまU-tubeで見つけたので懐かしくて挑戦してみました。この曲、おそらくかなり政治色の強い曲のように思われます。軍国主義万歳! 戦争万歳!戦没者は英雄!・・・のような?・・・。

Ken-Gはそのような政治色や宗教色からは全くフリーなのですが、政治や宗教の色合いが濃いものの中にも、ミサ曲や宗教画、軍歌、建造物など、芸術性の高いものがあったら、そのまま楽しんでしまっていいのではないかと思っています。

結婚式は神式でお葬式は仏式、クリスマスにはツリーを飾ってケーキを食べて、中秋節には月餅を食べる日本人ですから、何でもエンジョイしてしまおうと・・・。

この曲もそんな中のひとつです。

a179 謹賀新年.jpg
Ken-G の2013年の年賀状
posted by KenG at 10:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わー!(←広東語風感嘆詞!)
なつかすい〜〜〜〜〜〜です!

中越戦争がテーマでしたので、ベトナム人が聴いたら複雑な気持ちになるでしょうね。

ところで、この大げさなコーラス?といいkenGさん、新春早々、ツボをとらえたいい仕事してますねえ!この調子でこれからもどんどん作品を発表して下さい。

今年もよろしくお願いいたします。
Posted by FAN at 2013年01月05日 00:24
FANさん、やはりご存じでしたね。広東語風感嘆詞、よく伝わってきました。ありがとうございます。

Ken-Gは政治色や宗教色からは全くフリーなのですが、ミサ曲や宗教画、軍歌、建造物など、政治や宗教の色合いが濃いものの中にも芸術性の高いものがあり、それと出会ったら素直に感動してもいいのではないかと思っています。

結婚式は神式でお葬式は仏式、クリスマスにはツリーを飾ってケーキを食べて、中秋節には月餅を食べる日本人ですから、何でもエンジョイしてしまおうと・・・。

この曲もそんな中のひとつです。
Posted by Ken-G at 2013年01月05日 02:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。