2012年09月19日

第166回 ダンシングオールナイト

この回はユーチューブでお聴きください。

水谷啓二・もんたよしのり(1980年)

堅い曲が続きましたので、柔らかい曲(?)、ダンシングオールナイトを演って見ました。

文句なしにいいですね〜。発売と同時にあっという間にトップに登りつめただけあって、今、演ってもとても新鮮です。

2nd と3rd コーラスの間の間奏もとてもいいので、今回もフルコーラスにしてみました。但し、原曲ではサビ部分を最後にもう一度くりかえし、全部で3回歌っていますが、楽器だけの演奏ではくどい気がするので省略しました。

使用楽器はフルート、スチールギター、ディストーションギター、トランペット、テナーサックス、ベース、ピアノ、そしてドラムセットです。

楽譜は無くても大丈夫でしたが、一応サイトでコード進行をチェックしたところ、以外にも使用コードは Gm,Cm,D7の3つだけでしたので楽でした。もっともたくさんのコードを使用する場合でも、1回出てくれば2度目以降はそれをコピー&ペーストで使えるので、あまり苦にはなりませんが・・・。

Dancing all night無題.jpg
windows 7 の壁紙より
posted by KenG at 21:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大好きです!特に、今回は間奏へのこだわりがよ〜く伝わってきます!凝ってますよね!まさに、カ・イ・カ・ン(快感)です!ありがとうございました
 !〜(^Д^〜)
音の中から、もんたよしのり独特のシャガレ声が聞こえそうです!しゃがれ声系といえば、森進一や徳永英明なんかもイイですよね。
Posted by FAN at 2012年11月13日 00:31
いいですね。若い世代(?)にもいい歌があります。徳永英明で行ってみましょうか。
Posted by Ken-G at 2012年11月13日 20:01
徳さま(=徳永英明)と言えば、やっぱり代表曲の「レイニーブルー」でしょうね!歌唱部分以外に前奏のピアノと間奏もこの曲の重要な聴かせどころだと思います。デビュー当時の音やデビュー盤音源よりも、最近のライブの方が、歌もアレンジもかなり洗礼されていて、私はそちらのほうが好みです。
Posted by FAN at 2012年11月14日 01:34
というか、私はこの人の曲はレイニーブルーしか知らないんです。他の歌手の歌をカバーしているのもいいですが、やっぱり自分の歌がいいですね。

確かに最近のアレンジのほうが前奏や間奏がかっこいいですが、あの音をMIDIで造るのが今のKen-Gには難しそうです。オリジナルのピアノのほうが模倣しやすそうです。
Posted by Ken-G at 2012年11月14日 19:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。