2013年03月10日

第180回 ああ、モンテンルパの夜は更けて


代田銀太郎作詞 伊藤正康作曲(1952年)

何かと忙しくて2ヶ月もご無沙汰してしまいました。今回もまた前曲「血染的風采」を完成しないうちに、もう次の曲「ああ、モンテンルパの夜は更けて」を演りたくなって、取組んでしまいました。(前曲はこのあとちゃんと仕上げるつもりです)

今度は日本の戦争中の歌です。いい歌が沢山ありますね〜。因みにKen-Gは戦後のベビーブーマー、団塊の世代であって、決して戦中派ではありません。

この曲、歌詞を見ながら歌うと必ず、感極まって胸が詰まって歌えなくなってしまうほど心が動かされます。何度歌っても途中で目はウルウル、涙目になってしまうのは私だけでしょうか。試しに次の歌詞でメロディーに合わせて歌って見ていただけませんか。3コーラス目の後半部分になるともう顔がゆがんで来ますから。

1 モンテンルパの 夜は更けて
  つのる思いに やるせない
  遠い故郷 しのびつつ
  涙に曇る 月影に
  優しい母の 夢を見る

2 燕はまたも 来たけれど
  恋し我が子は いつ帰る
  母の心は ひとすじに
  南の空へ 飛んでゆく
  さだめは悲し 呼子鳥

3 モンテンルパに 朝が来りゃ
  昇る心の 太陽を
  胸に抱いて 今日もまた
  強く生きよう 倒れまい 
  日本の土を 踏むまでは

実はこの曲、フィリピンの監獄に戦犯として収容され、死刑を宣告されていた100人余の日本兵の中の2人が作詞、作曲し、日本の歌手「渡辺はま子」へ送り、大ヒットさせた曲だそうで、その後、渡辺はま子は国交がなかったフィリピン政府に交渉し、戦犯慰問渡航許可を取得し、この2人を含む100人余の前で歌い、涙、涙のなかでの大合唱となったのだそうです。そして、そのエピソードが当時話題となり、なんとフィリピン大統領の特赦で全員釈放され、帰国することになったのだそうです。

これほど歌の持つ力が発揮された曲は他にないのではないでしょうか。Ken-Gが今歌っても感極まって歌えなくなるのも、これで納得です。

写真は先日、団体日帰り旅行に女房と参加して観に行った満開の河津桜です。ソメイヨシノよりも1ヶ月早く咲くので有名で、その濃いめのピンク色は、菜の花の黄色と抜けるような青空を背景にして、とても感動的な美しさでした。この曲で歌っている、再び日本の土を踏むのを夢見ながら果たせずに死んでいった人のことを思うと、なんと贅沢なことをしていることか、反省させられます。自分の恵まれた環境に気づかされ、元気をもらえる一曲でした。

さて、16号館もいっぱいになりましたので17号館に移ります。写真の額縁を豪華にしてみました。引き続きよろしくお願いいたします。

a180 河津桜.jpg
静岡県・河津桜
posted by KenG at 21:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

第179回 血染的風采

この回はユーチューブでお聴きください。

苏越(1987年)

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

このところ更新のペースがかなり遅くなっていますが、転職して新しい仕事に就き、何かと忙しくて時間がとれなかったからです。この曲も途中で長らく中断していましたが、やっと仕上がりました。

グループサウンズを2〜3曲続けて演るつもりでしたが、いつものように突然気がかわり、シギハラさん、FANさん、サトウ Hさん、がきっとご存じの中国の曲、「血染的風采」を演ってみました。

昔、香港のカラオケバーでなんと、白人女性がこの曲を中国語で歌っているを聴き、すごいな〜と感動しました。白人が中国語で歌うのに、アジア人の Ken-G が中国語が全く分からないなんて、なんか後ろめたいような気がしたものでした。

リベ〜ンジではないですが、たまたまU-tubeで見つけたので懐かしくて挑戦してみました。この曲、おそらくかなり政治色の強い曲のように思われます。軍国主義万歳! 戦争万歳!戦没者は英雄!・・・のような?・・・。

Ken-Gはそのような政治色や宗教色からは全くフリーなのですが、政治や宗教の色合いが濃いものの中にも、ミサ曲や宗教画、軍歌、建造物など、芸術性の高いものがあったら、そのまま楽しんでしまっていいのではないかと思っています。

結婚式は神式でお葬式は仏式、クリスマスにはツリーを飾ってケーキを食べて、中秋節には月餅を食べる日本人ですから、何でもエンジョイしてしまおうと・・・。

この曲もそんな中のひとつです。

a179 謹賀新年.jpg
Ken-G の2013年の年賀状
posted by KenG at 10:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

第178回 スワンの涙

この回はユーチューブでお聴きください。

筒美京平(1968年)

さあ〜 お待ちかね、グループサウンズです!いいですね〜。Ken-Gは年齢的には青春のまっただ中で、自分も演って見たくてウズウズしていました。でも、とても許される状況ではなく、余裕のある友達が演っているのを指をくわえて見ているだけでした。そのハングリーな気持ちを今だに引きずっているので、ここで思いっきりリベ〜ンジさせていただきます!

失神バンドとして一世を風靡した「オックス」のヒット曲です。野口ヒデト(真木ひでと)のリードボーカルがいいですね〜。歌、上手いと思います。その雰囲気を失わずに、全盛時代のエレキバンドを彷彿させるような出来を目指したつもりですが、はたしてうまくいったでしょうか。

よろしければ、あと数曲、GSで行ってみたいと思います。

画像は人類滅亡後500年たった、崩壊寸前のエッフェル塔です。すごいですね〜。

人類滅亡.jpg
人類滅亡後の崩壊寸前のエッフェル塔
posted by KenG at 21:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

第177回 レイニー・ブルー(ジャズ風の)

この回はユーチューブでお聴きください。

徳永英明(1986年)

では、この辺でジャズに挑戦です。かっこよくジャズピアノを弾きたいとずっと思っていて、第11回の「フライミートゥーザムーン」でちょっとかじりましたが、当時は「裏拍」など全く意識していなくて、いまいち(いま2〜3?)乗りが良くなかったので、それ以来、挑戦していませんでした。

前回の「レイニー・ブルー」をジャジーにしたものです。主旋律からあまり逸脱しない、1stコーラス目までは何とかノリノリで来れたのですが、主旋律から大きく逸脱して行くメインの部分は困難を極め、支離滅裂になりそうでした。

何とかちゃんと主旋律に戻って来れたのでホッとしているところです。なんか、ブーメランを思いっきり投げて、視界ギリギリのところで U-ターンして戻ってきて、タイミング良くキャッチできたような感じです。

最後にコーダ(前回では省略しましたが)を入れて完成です。いかがでしょうか。ジャズ〜って感じするでしょうか。

画像はやはりSF映画のワンシーンで、タイトルは忘れましたが、上空に巨大なSFOが出現した場面です。

円盤.jpg
posted by KenG at 01:12| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

第176回 レイニー・ブルー

この回はユーチューブでお聴きください。

徳永英明(1986年)

FANさんからのリクエストにお応えして演ってみました。ボーカル部分はビオラ+フルートです。

間奏は原曲では同じメロディーを2回繰り返していますが、楽器だけの場合は間延びする気がしましたので、1回だけにしてみました。

原曲では2ndコーラスの後にサビ部分をもう1回入れて、全部で3回サビを演り、3回目のサビにはハモリをいれていますが、やはりここではくどい気がしましたので、2ndコーラスで打ち切りにし、その代わり2回目のサビにハモリを入れました。

また原曲ではエンディングで、絶叫型大サビを持って来て盛り上げていますが、楽器だけであれだけ盛り上げるのは(Ken-Gの技量では)無理と思われましたので、再び間奏のメロディーを持って来てフェードアウトさせましたがいかがでしょうか。

画像はやはり映画、ディープインパクトのワンシーンです。大津波がウォーターフロントのビル街を襲う瞬間です。すごいですね〜。

マンハッタン.jpg
映画「ディープインパクト」より。
posted by KenG at 15:56| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

第175回 プリーズ・ミスター・ポストマン


マーベレッツ(1961年)

続いてビートルズ第四弾、のつもりで演り始めましたが、実はこの曲、ウィキペディアによると、マーベレッツ(The Marvelettes)と言うアメリカのグループ歌手がヒットさせたのを、1963年にビートルズがカバーしたものなのだそうですね。そしてカーペンターズがカバーしたのはその翌年、1964年とのことです。

いつものように耳コピーで演っていますが、始めビートルズバージョンでスタートしましたが、ハーモニーの各音が互いに溶け合いすぎて拾いにくい部分が多いので、カーペンターズバージョンに切替えました。カーペンターズバージョンのほうは、どこまでも各音がはっきり聞こえるハーモニーなので、演りやすいです。あと、カーペンターズのほうがビートルズバージョンよりもかなりテンポが速いです。

間奏部分のサキソフォーンが気に入っています。2ndコーラスの後はディストーションギターが延々と続き、そのまフェイドアウトしますが、全体としてちょっと長すぎる感じです。カーペンターズのあのハーモニーだからこそ引っ張れるのであって・・・。ビートルズのは2ndコーラスのあと、すぐにエンディング → フェイドアウトしてすっきりしているので、こちらをモデルにした方が良かったかも知れません。

画像はまたまた映画、ディープインパクトから。浜辺で2人を飲み込んだ津波がますます巨大化して海岸の街に押し寄せる瞬間です。すごいですね〜。

a175 tsunami A 5.jpg
映画「ディープインパクト」より
posted by KenG at 17:50| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

第174回 プリーズ プリーズ ミー


ビートルズ(1963年)

続いてビートルズ第三弾、「Please please me」です。前回と同じ乗りで演ってみます。ハーモニカの音からイントロスタートです。

画像はこれまた映画「ディープインパクト」のワンシーン、襲ってくる津波から敢えて逃げずに飲み込まれる寸前です。すごいですね〜。

a174 tsunami.jpg
映画「ディープインパクト」より
posted by KenG at 00:45| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

第173回 ヘルプ


ビートルズ(1965)

続いてビートルズ第二弾、「ヘルプ」を演ってみます。前回の「I want to hold your hand」もそうですが、あのビートルズの音声のハモリを楽器だけで再現しようとすると、かなり無理があるように思います。同じ音程を拾っているはずなのですが、どうしてもあの独特の迫力が出ません。ビートルズが世界を席巻した秘密はその辺にあるのでしょうね。

画像はやはり映画「ディープインパクト」のワンシーン、金門橋(?)が大津波に飲み込まれるところです。

a173 Deep Impact.jpg
映画「ディープインパクト」より
posted by KenG at 22:49| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第172回 抱きしめたい(ビートルズ)


ビートルズ(1963)

ビートルズに挑戦です。いい曲が沢山あり、どれから演るか迷うところですが、とりあえず「アイ ウォーナ ホージョー ヘーン」から取組んでみました。いかがでしょうか。

画像はアメリカ映画「Deep Impact」のワンシーン、ニューヨークが巨大津波に襲われるところです。すごい影像ですね〜。Ken-Gは昔からSFパニック映画や漫画が大好きで、「妖星ゴラス」を映画館で観たのを今でも覚えています。今、ユーチューブで一部観れますが、特撮が今と比べるとお話にならないくらい低レベルです。それでも当時はわくわくしながら観たものでした。

Twin tower.jpg
映画「ディープインパクト」より
posted by KenG at 22:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

第171回 バスストップ

この回はユーチューブでお聴きください。

葵まさひこ(1972年)

Fanさんからリクエストいただきました、平浩二の「バスストップ」です。前回の「オンリーユー」と曲想が似ていますので、今回もやはり主旋律はビオラで演ってみます。

a171 chikurin.jpg
Windows 7 の壁紙
posted by KenG at 13:52| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

第170回 オンリーユー


バック・ラム、アンディ・ランド (1955年)

プラターズのヒット曲です。グッチ裕三とモト冬樹のものまねもいいですね。今回もビオラを主役にして演ってみました。

プラターズの、最初の「♪オンリー ユー・・・」で、もう、聴く人を引き込んでしまう、あの歌唱力と美しいハーモニー、リズム感などをポイントに、丁寧に、そしてできるだけ原曲に忠実に仕上げてみました。

一曲終わったところで、フルコーラスにするか、それともそこでエンディングにしてしまうか迷うところでしたが、結局、あの最後の不協和音で終わるかっこよさを効果的にするためには、やはりフルコーラスが必要でした。ほぼイメージ通りにできたと思いますがいかがでしょうか。

SHINRIN.JPG
posted by KenG at 03:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

第169回 雨

この回はユーチューブでお聴きください。

浜圭介(1972年)

さて、三善英史のデビュー曲、「雨」です。いいですね〜、懐かしいですね〜。Ken-Gは学生でした。淡々と演ってみます。

主旋律はビオラです。このところなぜかフルートに変わり、ビオラの主役が多くなっています。いつものように1stコーラスと間奏まで作成したら、コピペをフル活用して2ndコーラスを作成し、エンディングを入れて完成です。

わりとサクサクと出来上がりましたがいかがでしょうか。

a169 Ame.jpg
Windows 7 の壁紙より
posted by KenG at 22:54| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

第168回 チャルダッシュ


ヴィットリオ・モンティー(1868〜1922)

Hungarian dance No.5 をいつか演りたいとずっと思っていますが、なぜか手が出ません。それに近い曲と言っていいかどうか分かりませんが、ジプシーっぽくて、遅い部分と早い部分がはっきりしていて、楽しい中にも哀愁を帯びている曲、チャルダッシュを演ってみます。

主役はビオラです。私のマシンのデフォルトのビオラは少し堅い音なので、フルートやシンセストリングスの音も低めに加えて、まろやかな音色を出してみました。ピアノの左手の1泊目は同じ音をコントラバスで補強して、深みのある音にしています。また、ビオラをハーモニクス奏法で弾く部分があるのですが、マシンのデフォルトにはギターのハーモニクス音が入っていましたので、これで代用しました。結構それらしくなっていると思いますがいかがでしょうか。

この曲、3つのテーマからできており、1番目はじっくりと聴かせる哀愁を帯びたメロディー、2番目はアップテンポで軽快なメロディー、そして3番目は透明感のある瑞々しいメロディーです。その後は2番目のテーマのバリエーションをいくつか演った後、コーダ(結尾部)が入って完成です。エンディングはティンパニーをドドドドッと入れて、劇的に仕上げてみましたがいかがでしょうか。Ken-G的にはほぼ満足です。

a168 CzardashA.jpg
Windows の壁紙より
posted by KenG at 22:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

第167回 悲しきフェルナンド

この回はユーチューブでお聴きください。

ABBA (1976)

スエーデンポップグループ・アバのヒット曲「悲しきフェルナンド」を演って見ました。

初めてこの曲が街で流れているのを聴いた時、その美しいハーモニーがとても新鮮でした。早速、カセットテープ(当時はCDはまだありません)を入手したいと思いましたが、曲名も歌手名も分かりません。

それも香港で勤務していた時でしたから、何とか見つけはしたものの、香港人歌手が広東語で、しかもメロディーもデフォルメして歌っていたものでした。結局、買いませんでしたが、長い間いつか演ってみたいと思っていました。

今それをフッと思い出したので、U-tubeで試しに「フェルナンド」で検索してみたら、ずばり出てきました。なんとまあ、便利な時代になったものですね〜。早速、ダウンロードして何ども聴き、音を拾って再現してみましたがいかがでしょうか。

前奏は後で入れようと思っていましたが、次に取り組みたい曲が決まって来たら、もうこの曲は早く終わりたくなったので、前奏は省略しました。

a167 Architecture.jpg
Windows の壁紙より
posted by KenG at 23:08| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

第166回 ダンシングオールナイト

この回はユーチューブでお聴きください。

水谷啓二・もんたよしのり(1980年)

堅い曲が続きましたので、柔らかい曲(?)、ダンシングオールナイトを演って見ました。

文句なしにいいですね〜。発売と同時にあっという間にトップに登りつめただけあって、今、演ってもとても新鮮です。

2nd と3rd コーラスの間の間奏もとてもいいので、今回もフルコーラスにしてみました。但し、原曲ではサビ部分を最後にもう一度くりかえし、全部で3回歌っていますが、楽器だけの演奏ではくどい気がするので省略しました。

使用楽器はフルート、スチールギター、ディストーションギター、トランペット、テナーサックス、ベース、ピアノ、そしてドラムセットです。

楽譜は無くても大丈夫でしたが、一応サイトでコード進行をチェックしたところ、以外にも使用コードは Gm,Cm,D7の3つだけでしたので楽でした。もっともたくさんのコードを使用する場合でも、1回出てくれば2度目以降はそれをコピー&ペーストで使えるので、あまり苦にはなりませんが・・・。

Dancing all night無題.jpg
windows 7 の壁紙より
posted by KenG at 21:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

第165回 ポロネーズ


ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685-1750)

前回のJ.S.バッハ、うまく行きましたので、引き続き第二弾、「ポロネーズ」を演ってみました。

前回と同じ無料楽譜サイトで楽譜が簡単に手に入りました。楽器構成も前回と同じです。

後半はチェロが主旋律を奏で、フルートはその上で複雑華麗な変奏(ドゥーブルと言うのだそうです)を奏します。それが終わると再び主部に戻ります。みどころ(聴きどころ)はやはりドゥーブル部分でしょうね。どうぞ最後までお付き合いください。

画像は同じ楽器構成でこの曲を演奏している、トン・コープマン アムステルダム バロックオーケストラです。

a165 Polonaise.jpg
Ton Koopman, Amsterdam Baroque Orchestra
posted by KenG at 19:52| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

第164回 メヌエット・バディネリ


ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685-1750)

J.S.バッハに挑戦です。本格的なバロック音楽、フルートの名曲、何度きいても飽きませんね。とりあえず淡々と忠実に演ってみました。

ユーチューブで気に入った演奏を選び、無料楽譜ダウンロードサイトで楽譜を探したところ、後半の「バディネリ」部分のが見つかりましたので、とりあえずバディネリ部分から始めました。

使用楽器はフルート、第一バイオリン、第二バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバス、そしてハープシコードを加えてみました。ビオラのパートがハ音記号の楽譜なので、読むのに苦労します。

バディネリが完成したところで、ちょうどいい具合にメヌエットの楽譜が無料楽譜サイトで見つかりましたので、前半に付け足して完成です。結構、格調高く仕上がったかなと思っていますがいかがでしょうか。

下の写真はこの曲を演奏している、クロアチア・バロック・アンサンブルです。楽器構成も同じです。

Badinerie.jpg
Croatian Baroque Ensemble
posted by KenG at 22:02| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

第163回 クシコスの郵便馬車


ヘルマン・ネッケ(1850-1912)

楽しい楽しい、ピアノソロ曲を演ってみました。お馴染み、運動会の定番であまりにも有名な曲、「クシコスポスト」です。

「クシコスの郵便馬車」が邦題ですが、ウィキペディアによると「クシコス(Csikos)」は地名ではなく、ハンガリー語の「チコーシュ」、馬と言う意味なんだそうです。

ちなみにこの曲、日本では知らない人がいないくらいお馴染みの曲ですが、諸外国ではほとんど知られていないのだそうです。最近、日本のPCゲームのBGMで使われているので、諸外国にも広まりつつあるとのことです。

結構、イメージ通りに行ったので悪のりして、最後に効果音で、拍手喝采(applause/small house)を入れてみました。小さなクラブでライブ演奏をしているKen-Gを連想していただけると嬉しいです。

運動会の雰囲気が出ていると思うのですが、運動会と言えば他にも定番の曲がありましたね。そうです、あの「天国と地獄」です。今の人たちには、「カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは・・・・・」でお馴染みの曲と思いますが、トライしてみようと思っています。

Csikos post.jpg
posted by KenG at 20:07| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

第162回 大人になりたい


コニー・フランシス (1961)

1960年代のアメリカンポップスの代表とも言える曲、Too many rules に挑戦です。日本でもいろいろカバーされましたが、私は伊東ゆかりのが一番いいです。

いつものようにボーカル部分はフルートにし、サビ部分はビオラを低めに加えてハモらせました。後半のサビ部分で絡んでくるピアノの乗りが何とも言えずいいですね〜。

いつも2コーラスしか演らないのに今回、フルコーラスにしたのは、2コーラスの後のサックスとトランペットの間奏がとても気持ちいいからです。たくさんの男女がそれぞれ向かい合ってツイストを踊っている光景が目に浮かんできます。

今回は途中で飽きたりせずに、比較的短期間で一気に仕上げてしまいました。永遠の名曲と言われる曲ほどメロディーが簡単で、コード進行も単純にできているようです。こんな曲、1960年代にはたくさんありますので、追々楽しみながら取り組んで行くつもりです。

鎌倉古道.jpg
鎌倉古道
posted by KenG at 22:58| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

第161回 夕焼けの歌

この回はユーチューブでお聴きください。

馬飼野康二 (1989年)

ご存じ、近藤真彦のヒット曲に挑戦です。バラードをうまく歌っていますね。この曲日本でよりもアジア諸国でヒットしたのだそうで、Ken-Gも香港のトップスター、梅艷芳(アニタ・ムイ)が歌っているのを聴いたのが初めてでした。

イントロはスチールギター2本のユニゾンにし、歌い出しはそれぞれ右左に分かれて、左はアルペジオ、右はスローストロークで、真ん中のボーカル(いつものようにフルートで)を柔らかく包んでいく・・・と言うイメージでスタートしてみましたがいかがでしょうか。

後半で今回初めてハーモニカの音を使って見ました。あのブワ〜っとした、籠もったような、素朴にゆがんだ音色をもっと出したかったのですが、いまいち及びませんでした。

写真は会社の仲間と時々行くテニスコートへの道に咲く満開の桜です。

sakura.jpg
成田市立中台運動公園

posted by KenG at 21:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。